コウラン伝 始皇帝の母

舞台は春秋戦国時代の中国。後の秦の始皇帝の母、李皓鑭の波乱に満ちた人生を描く歴史的スペクタクルドラマがBSプレミアムにて2020年5月10日より日本初放送!

 

原題    皓鑭傳(こうらんでん)

話数    63話

制作国   中国

出品    歓娯影視

キャスト 

呉謹言(ウー・ジンイェン)、茅子俊(マオ・ズージュン)

聶遠(ニエ・ユエン)、海玲(ハイ・リン)

宁静(ニン・チン)、王志飛(ワン・ズーフェイ)

監督   李達超(リー・ダーチャオ)

 

脚本   爾笛(アー・ディ)

©️ 2018 Dongyanghuanyu Film & Television Culture Co., LTD.

提供   株式会社日本スカイウェイ

     株式会社フォーカス​ピクチャーズ

     株式会社コンテンツセブン

     

◆あらすじ

戦国時代後半、秦と趙では相次いで争いが勃発していた。趙国邯鄲市に住む、御史(官職名)・李赫の娘である李皓鑭(ウー・ジンイェン)は、継母の陰謀により一家離散してしまう。地位も名誉も失われた李皓鑭は、ついには売りに出されてしまう。秦国の呂不韋(ニエ・ユエン)に買われた李皓鑭は、当時趙国の皇宮で人質にされていた秦の王・贏異人(マオ・ズージュン)に嫁ぐこととなった。異人を救出すべく、趙宮に潜入した皓鑭と不韋は、知恵を頼りにあらゆる陰謀を撃退してゆく。しかし、趙国の公主雅が異人を好いていたため、趙王は皓鑭たち受け入れるようになる。その後、異人に嫁いだ皓鑭だったが、秦国が四十万の趙軍を殺害したことで、人質の異人にも命の危機が迫っていた。これにより、公主雅と皓鑭の間に嫌疑が生まれてゆく。宮中の人々も命の危機を感じ、呂不韋は皓鑭を利用して趙国の内廷を乱すと、機会を見て異人を連れ趙国から脱出する。秦国へ戻ると、皓鑭の子・嬴政(トン・モンシー)の父が異人ではなく呂不韋であると噂が広まってしまう。このとき異人は不治の病に冒されており、息子の贏政が皇位へと就くことに。しかし、不韋の強大な力を恐れた贏政は、不韋に流刑を言い渡す。それを聞いた皓鑭は、不韋を見逃すよう息子に願うが、それは叶わなかった。

再び困難に直面する皓鑭と不韋の運命は……!?

​◆注目の若手女優ウー・ジンイェンと、魅力溢れる実力派俳優陣の豪華共演!

ドラマ「朝歌」「鳳囚凰」「延禧攻略」など、話題作への出演が続き注目が集まるウー・ジンイェンが強く賢いヒロイン李皓鑭を演じる。また、ウー・ジンイェンとの共演作「秀麗伝~美しき賢后と帝の紡ぐ愛~」「四大名捕~都に舞う侠の花~」などで、放送作品の日本上陸が続くイケメン俳優マオ・ズージュンが秦王役を演じることも話題に!

「皇后の記」などの作品で日本でも知られるニエ・ユエン、そして「大秦帝国」シリーズで知られるベテラン女優ニン・チンなど、華流ドラマファンを惹きつける豪華俳優陣の共演はまさに必見!

◆ヒットメーカー、ユー・ジョン総プロデュース作品。

総プロデューサーを務めるのは、「宮 パレス 〜時をかける宮女〜 」などの通称“宮シリーズ” や「鳳囚凰」「延禧攻略」など多くの作品を手がけた脚本家兼プロデューサーのユー・ジョン。

監督は、「風雲」や「神雕侠侶・新版」などで監督、また映画『インファナル・アフェア 無間序曲』や『マトリックス』にてアクション指導を務めるなど、多くの作品で活躍するリー・ダーチャオを起用。第40回台湾金馬賞最優秀アクション設計賞など華々しい賞を獲得している。

美術監督には、ドラマ「新龍門客栈」「笑傲江湖」『楊貴妃 Lady Of The Dynasty』「鳳囚凰」といった人気作品の美術創作を担当したジョン・イーフォンが、またスタイリストには「鳳囚凰」「延禧攻略」などの作品で、巧妙かつ史実に基づいたスタイルが好評を得たソン・シャオタオを起用した。

WORKS
COMPANY
ACCESS
CONTACT
​お問い合わせ  |  kanri@focus-pictures.com​  |  〒104-0041 東京都中央区新富1-3-11 GINZA BLD. No.1 8F
© 2018 FOCUS PICTURES INC.